どうも!
タボさんです。

 

先週のFX・ETFの自動売買の週次収益レビューをしていきます。

 

評価項目は該当週で発生した決済差益額+スワップ金利の合計額です。

 

現物商品のように評価損益での増減ではなく、
日々、口座に現金が増加してゆき、そのまま利益分を元本に回せるのが魅力な運用です!

FX・ETF自動売買の収益結果 合計

全体としては、−175でした。

FX ETF 自動売買 決済差益

新設計を”一部”稼働させ始めました。
円高強くて決済が少なくポジションゲットに止まる週となりましたね。

スワップメインの週となりました。

 

また米中貿易戦争の事案もあったため、稼働率はやや抑えつつ様子を見ながらチューニングしています。

トライオートFXの新設計は?

下記のような設計図で、区間に合わせてZONE S〜Lの5段階で設置していきます。

トライオートFX 5つのゾーン

実数字はもう少し、微調整しております。

各5つのゾーンは、

 

ZONE S:売りのみ|注文間隔は短間隔
ZONE WS:両建て|買いのみ短間隔
ZONE W:両建て|売り買い共に短間隔
ZONEWL:両建て|売りのみ低間隔
ZONEL:買いのみ|注文間隔は短間隔

 

このように使い分けています。
「ZONE S」は高レート寄り。「ZONE L」は低レート寄りにセットします。

 

対象通貨ペアはAUDJPYからテスト検証を行っていきます。

豪ドルセッティング

過去5年間・過去3年間で出現率の高い(5.5%超)の区間を両建てにしております。

理由は、その区間内での上下反復が多い=決済回数が多くなるためです。

 

リスク管理のため、高レンジ区間では買いは少なく。
低レンジ区間はその逆という注文密度でリスクコントロールしています。

 

しばらくは乱高下しそうですので、徐々に稼働域を増やしていきます。

 

【公式:トライオートFXを口座開設】

トライオート

 

トライオートFXのサイトマップ