またまた久々の更新です。

 

少し前までは「ブログもお金を産み出す資産である」という考え方から更新続けてたのですが、
飽き性には、ダメですねw

 

要はアフィリエイトやりたくって始めたんですけど、
どうもこう説明くさい内容になってしまうというか。書きたい内容ではないなーなんて。

 

と言う事で、そういう内容はやめてマイペースに、「年間700万円を自動で産み出す仕組みを作るまで」
過程を日記っぽく更新していきます。

 

ちなみに、年間700万円は「資産管理会社を設置するための目標」です。

2020年上半期の資産運用の成績経過

では早速上半期の経過から。

 

 

上半期の資産運用成績はコロナショックもありまだマイナス。

約100万円の損切り。
ツイートでは127.5万円と記載してましたが、計算ミス。

 

2020年上半期資産運用の成績経過:①不動産収入

2018年から貸し会議室を実施。

 

参考:副業ビジネスに最適!不安を払拭して、貸し会議室投資を始めてみよう

 

成績としては約65万円。月平均で11万円くらいですかね。
ここから、家賃や各種手数料引かれるので営業利益としては毎月3−4万円程度。

 

元本回収はまだできていないのですが、
思ったよりも工数がかかるのと、管理せねばならないことも多く面倒なので6月でやめましたw

かけていた時間を別の対象に使いたいと思います。

2020年上半期資産運用の成績経過:②FX・CFDのリピート売買

トラリピ をきっかけにスタートしたリピート売買。
いろいろ手を広げ、上半期の成績は以下のような内訳です。

リピート売買

FXはペソ円・ドル香港ドル・カナダドル円を軸に運用。
ドル香港ドルはgemforexで運用していましたが、スワップのマイナス化により撤退。

下半期はCFDを中心に切り替えて運用を実施。

毎月運用資金として10〜20万円を積立。

2020年上半期資産運用の成績経過:③現物

元々は投資信託とウェルスナビをベースで運用していた現物。

 

参考:ロボアドバイザーの鉄板!Wealthnavi(ウェルスナビ)

 

投資の入り口としては面白かったのですが、途中から個別株長期と、
VYM、HDV、SPYDなどの高配当ETFに切り替え。

現物

ちびちび積立も行い、上半期最後の6月末では210万円ほど。
3月の凹みから徐々に回復はしているものの、12月末時点からは約50万円ほどのマイナス。

 

短期的な増減には一喜一憂せず、高配当ETFに毎月9万円の積立。

2020年上半期資産運用の成績経過:③その他収入

こちらは約17万円。
中身のメインは、ポイント&スロットです。

ポイントと言っても、いわゆるポイントサイトとかではないです(稼げないので)

 

参考:【検証!】ポイントサイトは稼げないのか?1ヶ月試してみた

 

kyashやクレジットカードの組み合わせで生活費の支出に充てれるポイントを増やす活動がメインです。

2020年上半期の資産運用のまとめ

コロナがなかったら、そこそこ好調だったのかな?って感じていたのですが、
コロナで退場、または資産運用を休止中の方も近くにいるので、活動継続できていることに感謝せねばなと思っております。

下半期の方針は、

 

・毎月25万円は資産運用の資金に積み立てる
・高配当ETFはじわじわ増やす
・CFDを中心としたリピート売買

 

このルールで運用していきます。
7月の成績もまずまず。

 

 

・月平均で30万円ずつ資産を増やす
・現金収入で年間700万円に到達

 

これを目標に2020年台は活動していきたいなと。