ども、タボさんです。

 

先日からずっと気になっていたテーマ投資のFOLIO(フォリオ)を始めてみました。

 

ロボアドや投資信託とはまた一味違う、ほったからし資産運用の手法ですね!

ちなみにFOLIO(フォリオ)は昨年末にLINE内でサービス展開が開始された「LINEスマート投資」の基盤システムにもなっています。

 

またダウンタウン松本人志さんを起用してTVCMも年末にやっていたので、「テーマ投資」や「FOLIO(フォリオ)」などの言葉を聞く事も多くなったのではないでしょうか?

今回はそんな話題のFOLIO(フォリオ)をぼくも初めてみましたので、その初動の実績を見ていければなと思います!

テーマ投資「FOLIO(フォリオ)」の簡単な説明

説明記事は後日しっかり書くのでこの場では簡単に。

 

通常の個別株投資は「株式会社●●」の株を保有する、といった行動を取ります。

対してテーマ投資は「バイオ」「VR」「メンズコスメ」などのとあるテーマ』の銘柄に対して投資を行います

 

テーマ投資「FOLIO(フォリオ)」の仕組み

テーマ投資の仕組みは簡単!

 

「テーマ投資」の銘柄は、関連企業の株が複数集まって構成されているという仕組み。

投資信託のテーマ版みたいなイメージがとっつきやすいですかね。

 

たとえば「メンズコスメ」というテーマ投資の銘柄の中身は、

 

・マンダム
・資生堂
・花王
・他数社の株で構成

 

といったイメージ。

実際のFOLIO(フォリオ)の管理画面的には以下のような流れですね。

 

FOLIO 管理画面2

(クリックで拡大)

上記のようなテーマ一覧が表示される画面の中から、気になったテーマを探し出してクリック。

FOLIO 管理画面

(クリックで拡大)

クリックすると、上記のように構成されている企業の株一覧とお値段が表示されるので内容を確認し、もし気に入ったら右下の「カートに入れる」ボタンから購入というスタイルです。

 

これだけで、自分の気になったテーマに投資したことになります。

 

通販感覚で簡単にテーマ銘柄へと投資・保有できる仕組みですので、最近FOLIO(フォリオ)は人気なのです。

テーマ投資「FOLIO(フォリオ)」でぼくが購入したテーマは?

FOLIO バフェット

ぼくは、これを購入しました。

 

FOLIO(フォリオ)のいいところは、「テーマさえ選べばいい」というコト。
要は、自分でテーマにそった企業を選定せずともFOLIO(フォリオ)がすでにやってくれているのでラクチンなんです!

 

「メンズコスメ」とか「VR」のような、わかりやすいテーマの場合は自分でも選定できるのですが、

もしバフェットが・・・」のようなテーマは、自力では分析や選定が面倒なので大変助かるという訳ですねw。

 

このテーマは上記の通り利率も高め。

そしてバフェット氏の銘柄選定方法が、

 

投資家の目的は、わかりやすい事業を行っていて、5年・10年・20年後に今より利益を上げている企業の株式を合理的な価格で買うこと

 

に合致する企業群を選定するため、

 

・低コスト構造
・世界的ブランド
・消費者独占型企業

 

などの日本の企業群が当てはまり、堅い銘柄で構成されます。

テーマ投資「FOLIO(フォリオ):もしバフェットが日本株を買ったら」の実績・成績

さて、この1週間の成績を見てみましょう!

FOLIO 実績

+3.47%とまずまずですね!

日々着実に伸ばしてくれています。

 

構成銘柄はこんな感じ。

FOLIO 構成銘柄

ほぼすべての銘柄で上がってくれています。

 

これはしばらく寝かせておきたいやつですねw

こちらも不定期にご報告していければと思います!

 

【公式:FOLIO(フォリオ)で口座開設をする】
FOLIO