どうも、タボさんです。

 

FXで勝つためにはこの3つ!!

 

①手法
②リスク管理
③感情コントロール

 

このような紹介、多く見かけることないですかね。
実際、本や記事でも紹介されているケースがかなり多いと思います。

加えて「初心者ほど”手法”のみを追いかけてしまう」なんてコメントも多いです。

 

これは『リスクや感情なんてコントロールできるに決まっている!』
こんな自信が人にはあるからです。そしてぼくもですw

 

ぼくは昔スロプロとして生活しており、リスクや感情なんて山ほどコントロールしてきたので余計に感情をコントロールできる自負があるのですw

 

が、、、スロットとFXは当然違います・・・
ぼくは「半自動裁量」って手法で、エントリーと利確・損切りのタイミングは完全に機械的にやっています。

 

関連記事:今週から開始!/半自動FX裁量トレードの収益結果(5,438円)

 

が、実際に「エントリーするかどうか」の判断自体は、僕が自動設定をするかどうか次第なんですよね。

その間には「感情」が付け入る隙があるのです。

 

そして、そんな入ってくる「感情」に見事にやられてしまい、失敗をしております・・・w

 

今回はそんな「感情」が付け入る隙のある手法で、実際に自身の感情はどう動く、どのように失敗に至ったのか?を記録していましたので、その実録を公開します。

 

加えて、どうやったら感情を抑えれるようになるのか?が気になる方もぜひ読んでみてください!

FXトレード中に発生した負の感情たち

まずは、以下の表をご覧ください。

半自動裁量トレード

これが、2019/3/17時点での2019年成績一覧です。

 

注目していただきたいのは、GBPが絡むトレードたち。
こいつらが他と比べると大きくマイナスを出しており、まさに「感情」にやられた結果なのです。

 

取引の中身をのぞいてみましょう。

FX 感情で負け

 

こんな成績。9戦5勝4敗。

決して悪くない勝率。では、なぜ負けているのか?

 

手法自体は他の通貨ペアと同じです。
しかし、その手法を使う時の感情の中身が違いました。

 

その感情の中身をしっかりと記録しています。まずはそちらを赤裸々にご紹介していきます!

負の感情に負けたFXトレード① 【1】2019年3月1日

FX 感情で負け

上記の1番のトレードです。

 

この日、GBPJPYで「あ、エントリーできそう!」ってポイント(青矢印)がありました。

 

▼当日の15分足

トレード1

しかし時間的に少し先だったため「あとで設定しよう!」と考え、ネットフリックスで映画を見始めます。

 

そして映画に夢中になってしまい、その設定のタイミングを見事に見逃します・・・

予測できていたエントリーポイントからは約30pips上昇し、大きなチャンスを逃してしまうのです・・・

 

ココで思ってしまうわけですね。

 

しまった!!!と。

 

こう思ってしまうと、もうダメです。

 

悔しくって、根拠が弱いデータでも「自動売買」のセット(赤矢印)をしてしまうのです。

そしてこのトレードは見事に負け。

負の感情に負けたFXトレード② 【6】2019年3月6日

FX 感情で負け

上記の【6】ですね。
この日(2019/3/6)に一気に失敗を重ねていく事になります。

 

【1】の負けからしばらくは、なぜかGBP絡み通貨ペアに固執してしまいます。
これも負の感情ですね。

 

トレードの【2】〜【5】はそつなくこなし、【1】の敗け分を取り戻します。

 

そこで精神的な安定感も出たんでしょうね。
(このタイミングではGBP絡みのボラの大きさも把握しています。)

 

そして【6】のトレードです。エントリー根拠はやや弱め(青矢印)。

 

▼当日の15分足

トレード2

 

やや弱めの時、利確ポイントはやや早め(10pips)にセットしています。

 

この日もそのハズでした。
しかし、ボラの大きさに魅力を感じ欲が出ます。

 

利確ポイントを20pipsにしてしまえ

 

これは、直前に「損大利小はダサい」みたいな記事を読んだことにも影響を受けています。

ルールを逸脱してしまったのです。

 

結果、10pipsで利確しておけば勝てていたのに利確せず。

 

そして反転しマイナス域へ。

 

この時もルール通りの額で損切り設定をしておけば良いものの、もちろんしていません。

結果、約20pips下がってからの損切りとなります(赤矢印)。

負の感情に負けたFXトレード③ 【7】2019年3月6日

FX 感情で負け

GBP絡ませると17000円のマイナスなんて、すぐに取り戻せる!

そう考えトレードしたのが7番。

 

エントリー根拠が弱かったので先ほどの反省を得て利確幅は小さめ。しかし小さすぎ。

が、ゆえに勝利を納めて4,000円の利益。(青矢印で売りで入り、赤矢印で利確)

 

トレード3

 

で、ここで思ってしまうわけです。

 

ほら取り戻せた!もう1回だ!

 

麻痺ですねw
たった4,000円GETして、何を調子に乗っているんだと。

 

が、その時は感情コントロールできていません。
もっかいエントリーすることになります。

負の感情に負けたFXトレード④ 【8】2019年3月6日

FX 感情で負け

【8】ですね。
こちらも根拠弱めデータでのセット。

根拠はブレイクアウトでしたが、みごとにだましを食らいます。

トレード4

 

結果負け。

 

ココで完全に自信を失いかけますが、最後にもう一回って思っちゃうわけです。

負の感情に負けたFXトレード⑤ 【9】2019年3月6日

FX 感情で負け

そして最後にエントリーします。

完全に自信喪失モードです。なのになぜかエントリー・・・

トレード5

 

一時はプラス圏に行くものの、すぐにマイナス圏へ。

そしてそのまま−5pipsくらいをつけ反転し、マイナス幅は少なく。

 

自動設定しているにも関わらず、自信を喪失している僕は手動で0.5pipsの時点で損切りをしてしまいます。。。

 

(そして、このあと普通に+10pipsまで広がっていました。。。)

GBP関連のトレードからの学びと、FXの負の感情への対策

発生した主な感情は、

 

自信過剰
悔しさ
自信喪失

 

この3つです。

自信過剰」が根拠の薄さを呼び

ゆえに負けて「悔しさ」を呼び

その「悔しさ」がさらなる負けを呼び

負けの連続が「自信喪失」を呼びます。

 

感情とは連鎖するモノです。

 

ゆえに、負の感情への対策も非常にシンプルです。

 

その連鎖を断ち切れば良いのです。
具体的には、パソコン(スマートフォンのアプリ)を閉じること。

これで対策できます。

 

また自分の感情に対し客観的になるために、感情のメモを取って置くこともオススメします。

あとで振りかえれるので、感情面での分析ができます。

 

ぼくの実際の履歴表には感情メモを書いており、かつ重要な感情が発生した時には色つけしています。

 

感情一覧

(クリックで拡大)

 

その感情が発生しそうになると、すっと閉じて設定を見送ることができます。

その後は順調で、以下の通り。

トレード6

 

エントリー回数も減らし、かつ根拠がしっかりしているため大きく利益を取れ始めています。

非常に価値のある負けを経験することができました。

 

また、ボラの大きなGBPからは距離を置くことで「射光性」を軽減させています。

FXにおいて、感情制御はできるのか?の答え

答えは「できる」です。

正確には感情制御というより、その感情が発生しづらい環境に身を置くことです。

 

・感情のメモをとる
・やばいと思ったら感情が出る前にやめる
・感情が起きやすい高ボラ通貨を扱わない

 

これらの手法だけでも、かなり落ち着いてトレードができます。

あとはブログをもし書いている方は、こんな感じでアウトプットするのもオススメ。

 

自分の感情をより客観的に考察できるので、アウトプットも1つの方法としてオススメなのです。

まとめ

半自動と言いつつやはり半分は手動であるため、しっかりと「負の感情」が邪魔をしてきました。

 

今回は、そんな負の感情に対する対策の記事でした。

健全にトレードしてゆきましょう!

 

完全に感情の支配から解き離れたい!」という方は、本当の完全自動トレードの方をオススメしておきます。

 

以下記事も、ぜひ参考にしてみてくださいませ!

 

関連記事:【最新版】トライオートFXの設定・実績を大公開