どうも、タボさんです。

 

興味深い記事が日経に載っておりました。

 

『投信 縮まぬ日米格差 日本は「テーマ型」に偏重』

電気自動車、ロボティクス、フィンテック……。2018年の日本の投信の資金流入上位30本のうち4割の12本はこうした「旬のテーマ」に集中投資するものだ。

一方、米国の上位30本は全て世界もしくは米国全体の株・債券に幅広く分散する投信。テーマ型は一本もない。

出典:日経新聞電子版

日本ではわかりやすい投資信託を選択。
一方の米国では分散型の投資信託を選択。

 

こんな差があるそうです。

では、なぜこの事実が「日米格差」という言葉で表されるのか?紐解いてみましょう。

テーマ型投資信託は長期的に値が上がりづらい

これは該当記事にも書かれているのですが、投資信託で設定されるテーマって旬がピークであるコトが多いのです。

その投資信託の中に組み入れられる企業の株価が、その時にはもうすでに高くなってしまっているケースですね。

 

一時的には上昇は見込めるでしょうが、ピークを過ぎると下落しやすいという特徴が出ます。

投資信託は長期保有が前提となりますので、テーマ型はあまり相性がよくないのです。

 

もしテーマ型の投資を行いたいのであれば、投資信託ではなくシンプルに株を買いましょう

FOLIOさんが良いサービスを出してくれています。

 

関連記事:FOLIO(フォリオ)を初めて1週間。ここまでの実績をみてみる

 

わかりやすく売買できるので、普通に買って、値が上がったら売り抜けるのがオススメです。

 


【公式:FOLIO(フォリオ)で口座開設をする】

FOLIO

もう1つの日米格差。日本人は手数料おばけ

投資家が負担する保有コストは日本の上位30本が平均で年率1.4%とやや上昇したのに対し、米国は同0.3%と10年前の半分に下がった。

日本の売れ筋の多くは、運用担当者の腕で市場平均を上回る利益を狙う「アクティブ(積極)型」だ

指数に連動するよう運用する「インデックス型」は低コスト。米国では10年前に5本だったインデックス型が13本に増えたが、日本は2本から1本に減った。

出典:日経新聞電子版

 

日本人が手数料に使っている年率は1.4%。

一方の米国では0.3%。その差約5倍・・・とんでもない格差ですね。

 

これは日本人が「ひふみ投信」に代表されるような「アクティブ型」を好む傾向があるからです。

上がる時はぐぐぐっと上がるのですが、如何せん手数料が高めです・・・

 

要は根っからのギャンブル気質なんでしょうね。

(まぁ、ぼくも購入しているので人の事言えないのですが・・・w)

 

積立で長期保有していると、アクティブ型は結局手数料負けしてしまうってケースもありえます。

 

投資信託は、【超分散型×インデックス型×低手数料】。コレが鉄板ですね!

手数料が爆安のオススメ投信を以下記事でも触れているので、のぞいてみてください。

 

関連記事:【鉄板3選】10万円から始めてみませんか?少額からスタートできるおすすめ資産運用!

 

日本で投資信託をやっている方は高齢者が多いそうです。

そして、その高齢者の方々は銀行や証券会社で営業を受けての購入が主ルート。

 

銀行・証券会社の営業の方は手数料が高い商品ほど潤いますよね。

 

こんな販売構造が、日米格差を生んでいる一因ともなりえます。

 

ということで金融リテラシーは自分で上げるしかありません。

しっかり勉強し、損をしない選択ができるようになりましょう。