どうも、タボさんです。

 

いきなりですが、「資産運用」と「投資」の違いってわかります??

 

意外とごっちゃになっている方多いなーと
思ったので、この記事を書こうかなとふと思い立ちました。

 

  • 資産運用と投資の違いは?
  • 自分はどっちが向くんだろう?
  • 投機・トレード・ギャンブルって?

 

今回はこんな疑問に触れていければなーと思います!

資産運用と投資の違い

資産運用=安全
投資=危ない

 

みたいな世間のイメージってありますよね?

僕もちゃんと理解するまではありましたw

 

早速ですが、今回はこんな資産運用と投資の違いについてみていきたいな〜と思います。

資産運用と投資の違い①:目的

資産運用:自分の資産を元に、投資や貯蓄を行い資産を増やすこと
投資  :投資先の企業や銘柄を調べ、その将来性を見込んで資本を投じること

 

まずは目的から見ていきます。

資産運用は自分の資産を減らすことなく増やし続けることが目的となるため、
預金や、節税・節約なんかも分野に入ってきます。

 

もちろん、投資も資産運用の1種になってきます。

 

一方の投資は将来性・成長性を見込んで、
投下した資本より、大きなリターンを得ることを目的としています。

 

投資も、結果として自分の資産を増やすことが目的の1つとなるため、
資産運用とごっちゃになりやすいんですよね。

資産運用と投資の違い②:リスク

 

資産運用:ローリスク×ローリターンが原則。資産を守るための行為も入る
投資  :リスク・リターンは低いものから高いものまで幅広い

 

次にリスクに関してです。

 

冒頭にも書きましたが、資産運用と投資の違い
と言えば、資産運用=安全・投資=危険。こんな感覚を持つ人が多いのではないでしょうか?

 

このカラクリを紐解きます。

 

資産運用という言葉は「銀行」「証券会社」など固いイメージの企業と絡んで使われることが多いんですよね。

 

一方の投資という言葉は「仮想通貨」「FX」「不動産」など世間的には変動性が高い商品や、
高額商品とセット使われるケースが多いんです。

 

なので「投資」という言葉は「資産運用」に比べて危ないというイメージが付きやすいという特徴があります。

 

これが投資=危ないというイメージが付きやすい理由なのかもしれません。

 

しかし投資活動も資産運用の一部なんです。

なぜなら資産を増やす”手段”の1つですからね。

 

例えば投資信託なんかは、資産運用寄りのイメージだと思います。

これは最たる例かな〜と。

 

一方で「資産運用」とは呼べない投資活動も実はあったりするんですよね。

資産運用と投資の違い③:時間

 

資産運用:中長期的に資産を増やし続けていく
投資  :短期~中長期など投資期間は様々

 

続いて時間です。これは単純ですね。

 

資産運用は「資産を守りながら、増やし続けていく行為」ですので原則エンドレスなのです。

 

一方の投資は、

 

資本を投じる(IN)

リターンを得る(OUT)

 

と、必ずリターンを得るという「出口」があるのが特徴。

 

すなわち期間が限られるんですよね。

 

ですので、投資は資産運用の一部とよく言われる訳なんです。

資産運用と投資はどちらが良いの?

これはどっちもですね。

どちらの手段・手法も勉強しておく方が幅が広がります。

 

投資は「資産運用と呼べないような投資(そんなものは本来投資ではないが)」も世間には出回っています。

 

マイナスくじを引かないための勉強もやっぱり必要なんですよね。

 

よくよく調べたら、投資ではなく投機だった、なんて事も全然あります。

 

しかし!

「意識」という意味でいくと資産運用を意識しておく方が視野が広がるのでオススメです。

 

資産の作り方は投資だけじゃないですからね。

 

税金の勉強・金利の勉強・節約の勉強、など投資活動以外にも幅広いジャンルが存在します。

 

さて、ここから先は、よく資産運用・投資と共によく登場する言葉である、
トレード・投機・ギャンブルに関しても軽く触れていきます。

トレードとは?

トレードなんかも投機に近い立ち位置で話がされます。

特にFX・株なんかの短期トレードはそのイメージが強いですね。

 

トレードは将来性にベットするわけではなく、
現在の相場や、その向こう側の人間のテンション・空気感なんかを読み解くゲーム。

 

そして、上がるor下がるの2択を当てるゲームです。

 

ぼくはあんまりやりませんw

投機とは?

投資とよく混同されますね。わかりやすい図を貼ります。

 

投機

 

たとえば、AさんからJさんまでの10名が参加費として100万円づつ出し、。

この合計の1,000万円を奪い合うゲームこそが、まさに投機です。

 

この1,000万円自体が増えることはないのが投資との違い

 

短期トレードなんかはまさにこんな感じです。
期待値は謎だが当たれば大きく利益を得れる。

 

投資の「将来性」「成長性」よりも「今の機会(チャンス)」に投じる事で利益を短期的に大きく得たい。

 

そんな意味合いを持つのが投機です。

ちなみに投資の場合は以下のような図になります。

 

投資

 

黄色部分を「企業」としましょう。
その企業が成長すると思い、AさんからJさんは投資をし1,000万円集まりました。

 

結果、その企業は1,000万円の価値を1,500万円にまで伸ばしてくれました。

 

その1,500万円を元の10人に還元したことで、1人1人は50万円のプラスになっています。

 

このように、奪い合いではなく1,000万円の価値自体を成長させてくれる銘柄に資本を預けるのが投資ですね。

とても平和的です。

ギャンブルとは?

ギャンブルは、わかりやすく言うと「胴元」が存在しているケースが多いです。

競馬、パチンコ、カジノなんかがわかりやすいかと。

 

もう一度さっきの図で説明してみますね。

 

ギャンブル

 

胴元が存在するとはどういう事かというと参加者から1,000万円集めたら、
そのうち300万円が胴元(主催者)に入り、残り700万円を参加者が奪い合うということです。

 

300万円が胴元側に入るため、胴元が必ず儲かる仕組みなんです。

そして残り700万円を参加者同士で奪い合う事になるので、投機よりも不利な環境下に置かれやすいんですよね・・・

 

ちなみに、この胴元が取る「300万円」の部分は種目で異なります。

 

パチンコ・パチスロ:10~15%程度
競馬・競艇など  :25.2%
宝くじ      :54.3%

 

引用:宝くじ・公営競技・サッカーくじの実効還元率

 

宝くじは、なんと半分以上が胴元に入る事になるんですよね・・・!

 

ギャンブルではないのですが、「保険」なんかも実は大枠の仕組みは同じだったりします。

タボさんがやってる「資産運用」と「投資」はそれぞれ何?

さて、ここまでは種類の説明を見てきました。

ここから先は僕が実際にやっている「資産運用」「投資」を先ほどの定義に当てはめて見ていきたいと思います。

 

ざっくり以下のラインナップでやっています。

 

▼資産運用のラインナップ

・FX自動売買(レバレッジ)
・貸し会議室(副業)
・メディア運営(副業)

 

投資(将来の成長性で判断)は除いています。
自分が持っている”資産”を、どうやりくりすれば増えるのか?を考えて実行しているモノたちになります。

 

特にFXは将来性ではなく、その独特な動き方を利用して資産運用を行なっています。

 

参考:【最新版】トライオートFXの設定・実績を大公開【現在→月利4.55%】

 

▼投資のラインナップ

・投資信託(現物)
・仮想通貨(現物)
・個別株(現物)
・ETF自動売買(レバレッジ)

 

これらは全て「将来の成長性」を見込んで、自分の資産を預けている分野となります。

ETFだけは、レバレッジを効かせてますがあとは現物で保有しています。

 

現物は良きタイミングが来たら現金化する予定ですが、遠い未来を予定していますw

 

自分が今行っている事は何なのか?

 

しっかり理解しながらポートフォリオを組めるとリスク分散にもなりますので、
ぜひ言葉の意味を頭に入れてみてください!