上場投資信託(ETF)の自動売買を行えるインヴァスト証券のトライオートETF

 

僕も50万円からスタートし、現在元本が58万円で運用しております。

7/9週に少し設定を変更しておりますが、結果7,833円/週 のプラスになっています。すばらしい!

 

 

トライオートETF「ナスダック100トリプル」の保有状況

ナスダック100をベースとして、値動き3倍の「ナスダック100トリプル」で検証中。

種類は2種類あって、その内訳は以下の通り。

 

トライオートETF 保有状況 0716

 

スリーカードってのが元々あったサービスですが、最近「ライジング」というのが追加。

これは、より上昇トレンドの時に攻めて収益を取りに行く商品となってるみたいですね。

 

 

元本580,000円に対し、7/13時点での現金残高は605,129円(104.3%)。

運用1ヶ月ですので、まずまずの結果かなーと。

 

※執筆時点(2018/7/17)では、もうちょっと積み増して605,396円になってます。

トライオートETF 20180717

 

 

先週は設定を少しいじりました。

 

ナスダック100トリプル_スリーカードを合計8口(推奨証拠金は約27万円)で保有していたのですが、これを以下のように2種類に分けるといういじり方。

 

トライオートETF 7/9設定

 

一番上の通常のモノと、一番下の「(50台カバー)」と記載しているモノの2種ですね。

「50台カバー」の方は、中身の設定は通常のモノと全く一緒で、初期の「買い値」だけ50台に下げたモノになります。

 

→ 現在(2018/08/15時点)では、「50台カバー」の注文額をもすこしあげています。

 

それぞれ、5口・3口に分解しています。

 

コレどういう事かと言うと、1種類で運用していると全て同じような動きをしてしまうんですよね。

全てと言うのは、1口で9本の注文を持つ商品なので、僕が持っていた8口だと合計72本。
この72本すべてが似たような動きの売買をするという事。

 

ナスダック100トリプル値動き0717

 

これが直近の値動きです。
5月初旬には40台後半の指数から、6月中旬の①で63強まで上がります。

 

が、その後②のように急に失速をし2週間ほど停滞。そして最近やっと浮上。こんな動きです。

①までは順調に値が上がり、このゾーンで「スリーカード」の注文が全て約定してしまったんです。

 

ココから順調に値上がりしてくれたら、問題なかったんですけどね・・・

 

実際はけっこう下がっちゃったので、しばらくは含み損も10万円弱まで膨れ上がり。。。
そして新規売買もあまり行われず、ソワソワしつつも「暇」ってな状況でした。

 

当然この期間は収支も激減です。

 

ということで、これを通常用(①のようにトレンドが上がっても追っかける用)と値下がり時用(②のように急に下がった時に売買できる設定)の2種用意したという事です。

 

8口を5・3口に分散してしまったので収益額はマイルドになるでしょうけど、そのぶん含み損も少なく、また値下がりしても「新規買い」が発生するので収益機会も増やせるかなーと。

 

しばらくはこんな感じで運用してみようかなと考えております。

詳細の設定内容に関しては別記事で記載してみたいと思います!

 

トライオートETF「ナスダック100トリプル」の週次収益

 

トライオートETF ナスダック100トリプル

 

2018/6/11から運用をスタートしております。
約1ヶ月間運用してみました。1か月間での合計収益は約25,000円。5%程度の月利

この成績は、みなさまが仰る通りかなり上出来ですね。

 

トライオートETF ナスダック100トリプル 収益グラフ

 

 

グラフにするとこんな感じです。

先ほどの通り。7/2週は動きがなかったため収益は0円でした。

 

値下がりした時の含み損の怖さ。そして、やる事がなくなって暇w という状況打破のため今週より設定も変更しております。

 

 

公式:インヴァスト証券でトライオートETFの口座開設