こんにちわ!
ほったらかし運用大好きなタボさん()です。

 

FX自動売買で「最終形態」と謳われるトライオートFX

ぼくも絶賛活用中ですw

 

今回は、そんなトライオートFXを小資金からスタートする設定について記事にしてみます!

 

  • 50万円からFX自動売買始めたいんだけど
  • 結局、どんな設定がリスク少ないの?
  • 手数料って?

 

こんな話ができればな〜と思います!

 

公式:インヴァスト証券でトライオートFXを開設

 

トライオート

トライオートFXって??

説明を長々と文字で書くより、インヴァスト証券さんが出している
この動画を見る方が早いですねw

ってことで、貼っちゃいます!

 

はい、こんな感じ。

特徴は、

 

  • 売買は設定さえしちゃえばあとは自動
  • 相場予想しなくて良い

 

という自動売買ならではの2点がもちろんメリットです。

実際FX相場って固定の幅で上下する「レンジ相場」が中心って言われますからね。

 

 

みんな大好きドル円の動きも、上記のように黄色の線の固定の幅を行ったり来たり。

 

 

また、FXの勝ち方は、

 

ファンダメタルズ/テクニカルで相場予測】

 × 

【短期/長期

 

と組み合わせが色々あるのですが、そんな小難しいことを
考えなくて良いのも自動売買の良さw

 

基本は資金・リスク中心に管理できればOKです!いぇい!

 

加えてトライオートFXならではのメリットは、

 

  • ダッシュボードが使いやすい
  • スマホアプリも使いやすい
  • 自動売買ロジックが多数
  • スプレッドが狭い
  • トライオートETFも一緒に使える(ETFの自動売買)
  • カスタマイズ幅が類似サービス内で最多クラス

 

こんな特徴も兼ね備えております!

 

直近の僕の成績も貼っておきますね。

トライオートFX 月利

 

・約250万円の元本
・11ヶ月で約+31万円
・月利換算で約2.5%

 

うん、よい感じですね。

が、ちょっと利率が高すぎるのでこの通りの資金で(予備資金なしで)スタートするのはあまりオススメできません。

「リスクが取れる!」という方のみ、読み進めてみてくださいね。

トライオートFXのメリット

トライオートFXは「FXの最終形態」なんて言われているだけあって、
かなり自由度の高いカスタマイズができるFXの自動売買サービスです。

 

カスタマイズおたくの方なら、まぁ大好きでしょうねコレw
自分の設定がチャリチャリンとお金を生み出す楽しみは・・・たまりません笑

 

一方で「ほったらかし運用」を突き詰めたい方にも優しいんです。

 

インヴァスト証券さん側ですでに用意されてる
選べる自動売買ロジック」がとても多く、
そのロジックのリスク・成績・必要な推奨資金も数字であらかじめ以下のように画面で見れます。

 

例えば、執筆時点での過去3ヵ月の成績順だとこんな感じ。

トライオートFX 画面

 

上位の35.67%って異常ですよねw

 

50万円で運用していたら、3ヶ月で67万円になってますから・・・!
おそるべし、トライオートFX。

 

※ただし、この資金通りにやっちゃうとロスカットの恐れは当然でてきます。

(損切り設定しない倍、この額の5倍程度は必要となります)

 

 

ぼくもトラリピ始め、いくつかのFX自動売買サービスを触りましたが、
今のところ上記理由でトライオートFXが一番気に入っております!

 

トライオートFXの手数料とスプレッド

過去、「トラリピ」からトライオートFXに乗り換えています。
その理由は、手数料とスプレッドの狭さからでした。

 

(追記)2018.09.21

が、先日トラリピの手数料が永久無料の発表が
なされました。通貨ペアによっては、トラリピの方が安いケースも出ます!

参考:FX自動売買の手数料比較!トラリピvsトライオートFXどっちがお得?

 

ちなみに、このトラリピもトライオートFXと同じように
自動売買のサービスで、より初心者の方に使いやすく、かつわかりやすいサービスです!

 

このトラリピの説明を先に簡単にしちゃいますね。

 

関連記事:トライオートFXでトラリピ設定を再現するには?(AUD/JPY編)

 

トラリピは、仕掛けの置き方の設定が超シンプルで、

 

  • どの通貨ペアに
  • いくらの資金で
  • どれくらいの値幅に
  • 何本の注文を仕掛け
  • 1注文あたりに通過何枚の注文で
  • いくら儲けたら利確するのか

 

この設定だけなんですよねw

なにより、口座を持っている方が使えるラクとら試算表ってのがむちゃくちゃ便利です!!

 

●●という設定なら、何円まで相場が下がったらロスカットされる?」のリスクを一瞬で計算してくれます。

 

らくトラ試算表

 

例えば、こんな感じ。

50万円でこの設定にするなら103.30円(104.14円)でロスカットという事がわかります。

 

この設定では仕掛けの値幅が【100−110円】となっていますよね?

 

この値幅の最安値が【100円】なので、
ロスカットになる103円を余裕下回っているので、資金が足りないことが一瞬でわかるのです。

 

トライオートFXで、同類の仕掛けを作るときは
ぼくも超使わせていただいており、事前のリスク管理にかなり役立っております。

 

コレが使えるだけでもトラリピのアカウントを持っておく価値があるってくらい便利なのです。

数字で見える化されると勉強にもなりますしね。

 

【公式:マネースクエアでトラリピの口座開設】

 

マネースクエア

 

 

さて、そんなトラリピからあえてトライオートFXに乗り換えたのは、先ほどの通り手数料の違い。

トラリピは使い勝手がよいツールがある分なのか、かなり手数料が高かったんですよね。

 

今は、無料になったのでもう一回トラリピやろうかなと目論み中ですがw

(追記)2018.10.10 再開しました!

 

 

ちなみに、過去の手数料はこんな感じでした。

トライオートFX トラリピ 手数料 スプレッド

 

USD/JPYを1000通貨で売買するとします。
その時の手数料が、

 

トライオートFX:4.3 pips
トラリピ   :13.0 pips

と、その差約3倍だったんです!

 

pipsってなんやねん?に関しては、まぁモノサシの目盛りみたいなものです。

USD/JPYなどのように円が絡むなら、【1pips=1銭】。

 

 

同じ金額で買い注文を入れていたとしても、トラリピの方が実買価格が上がっちゃいます。

 

もし、その実買価格に到達しなかったら過去のトラリピは約定してくれませんでした。

 

一方で、トライオートFXなら約定してくれる可能性が高かったんです。
結果、トライオートFXの全体的な約定率が高くなります。

 

リピート系売買で安定した成績を収めようと思うと、安定した売買回数は不可欠なので、手数料は結構大切。

 

参考:FX自動売買の手数料比較!トラリピvsトライオートFXどっちがお得?

 

ちなみにトラリピは以下のような決済トレール
機能
を持っているので、トレンド相場になると利益が出やすいの両刀がオススメですかね~

 

トラリピ 決済トレール

 

トライオートFXとは?まとめ

 

  • ほったらかし運用してみたい
  • ゴリッゴリのカスタマイズしてみたい
  • 基本は安定志向だけど、ちょっと冒険してみたい

 

こんな色んな方のニーズに応えることのできるトライオートFX

実際に数字もついてくるので、いじっていると楽しいです!

 

そんなトライオートFXの50万円からの具体的な始め方を続いてみていきたいと思います。

50万円からのトライオートFXの始め方

流れは、

 

  1. 口座開設
  2. 資金を預ける
  3. 設定してGO!

 

大きな流れでこの3ステップです。

1は以下の公式サイトへのリンクから開設が可能です。

 

【公式:インヴァスト証券でトライオートFXを開設】

 

2は、タイトル通り50万円で始めてみましょう。

 

ということで、ココでは3の「設定する」をご紹介!
FX自動売買は、この「設定」が一番キモですからね〜

 

資金を入れると、以下のような管理画面が発行されているはず。

 

トライオートFX 管理画面

 

この左上のオレンジ(自動売買セレクト)と赤(自動売買パネル)が
自動売買ロジックの設定を選ぶボタンです。

 

自動売買セレクトは完成された売買戦略の
パッケージ。基本は口数以外はいじらなくて大丈夫。

 

自動売買パネルは仕掛け幅のレンジを指定して
仕掛けを作る画面ですが、最初から「これいいぜ!」っていうランキングがあります。

ので、そのランキングから選択すればOK。

 

 

そしてそれぞれ、さきほどの50万円を

 

自動売買セレクト:15万円
自動売買パネル:
35万円

 

と分散して設定してみることにします。

 

※資金に関する注意
ココではあくまで「推奨証拠金としての50万円」で計算しています。
最大のロスカットリスクを考慮するなら、50万円スタートの場合は以下の自動売買セレクトのみで設定しましょう。

 

なぜ分散して設定するのか?

 

理由は1つの通貨ペア設定のみに資金を集中させないこと。

 

とある通貨ペアだけに集中しちゃうと、その1つ調子悪いと終わっちゃいますからね。

いわゆる分散投資ってやつです!

 

ってことで早速「自動売買セレクト」からはじめてみます。

 

自動売買セレクト(15万円分)の設定

自動売買セレクト

さっそく、このオレンジのボタンを押してみましょう。

 

すると、

トライオートFX 自動売買セレクト

 

こんな画面が開くはず。

1.5年間の成績(リターン)順に並んでいるはず。

 

そして今日時点では、「コアレンジャー_豪ドル/NZドル」が圧倒的すぎる成績で
表示されているはずですw

 

これ以外を選ぶ理由はあまりないので、この設定を選択しましょう。

 

資金としても15万円と少なめとなります。

 

約1年半で63%増ですので、15万円設定すると
10万円増です。やばいですよね・・w

 

ということで、これを選択した状態で右上の「カートに入れる」を押します。

トライオートFX 自動売買セレクト2

 

すると、上の「カート」と書かれているアイコン横に赤丸で【1】と表記されます。

 

トライオートFX 自動売買セレクト カート前

 

このままカートアイコンをクリックしましょう。

 

トライオートFX 自動売買セレクト

 

 

そうすると、こんな画面に飛びます。
ここでは、「推奨証拠金」と「期間総合損益」のシミュレーションが見れます。

 

「推奨証拠金」は必要な資金。
「期間総合損益」は、その資金で運用した場合でる損益額です。

 

「期間総合損益」の隣には、その利率も表示されます。

 

さて、「推奨証拠金」を見てみると104万円で表示されていますね。

 

50万円からですので、ちょっと予算オーバーです・・・

 

実際は15万円で運用したいので、ここから
数量を減らす設定を行なっていきます。

 

1,000通貨=1口という扱いなのですが、
初期では8口(8,000通貨)でセットされています。さっきの図の右上赤枠部分ですね。

 

この「通過数」の左右に付いている緑の三角ボタンで数量を調整します。

 

左の三角が減らすボタンですので8,000通貨から1,000通貨に減らしてみましょう。

 

この「数量を減らす行為」は運用額に応じて
調整できますので、必要に応じて調整しましょう!

 

ただし、先ほどの通り50万円全ツッパはリスク分散の観点からおすすめしません!

 

極力、数量を最小限に抑え色々な通貨ペアに分散してゆくのが良いかと。

 

リスクに関しては、以下もご参考に。

 

参考:【失敗したくない】トライオートFXのリスクと向き合ってみる

 

 

さて、先ほどの続きです。

数量を1,000に減らすと、

 

トライオートFX 自動売買セレクト2

 

このように推奨証拠金が13万円になるはず。

この状態で「注文を確定する」ボタンをクリックすると終了です。

 

13万円のまま、運用しちゃうと少し怖いので
15万円と設定しましたが、ロスカットされないためには本当は17万円ほどが理想ですね。

 

自動売買パネル(35万円分)の設定

続いて、自動売買パネルの設定もしちゃいましょう。
こちらは、自動売買の仕掛け幅を自分で選んでいく機能です。

 

すでに収益率の高い設定がランキング化されているので、そこから選択していきます。

 

こちらで、残り35万円分の設定をしましょう。

 

先ほどはオレンジの「自動売買セレクト」
ボタンを押しましたが、今回は「自動売買パネル」ボタンをポチ。

トライオートFX 自動売買パネル1

 

すると・・・
以下のような画面に遷移します。

 

トライオートFX 自動売買パネル2

 

こんな画面です。

先ほどとは、ちょっと画面が違いますね〜。
こっちの方が少しとっつきにくいかな。

 

右側に過去3ヶ月の収益率ランキングが現れます。

 

ここで最初に見るところは赤枠の

通貨ペア」「収益率」「推奨証拠金

この3つです。

 

ココで好きな通貨ペアの費用感と成績をみていきます。

 

ここからやることは先ほどと変わりません!

 

・設定を選択

・数量を減らす

 

の2点になります。

 

自動売買パネルの設定を選択

こちらは簡単です。

トライオートFX 自動売買パネル3

ほしい通貨ペアを選択し、そのまま左下の「リストに追加」を押すだけです。

 

選択すべき通貨は、収益率の高いものを選択できれば良いのですが、
このキャプチャで選んでいるEURJPYは最近では固いかも。

 

僕のEURJPY成績も現在のレンジですとかなり好調です。

 

▼タボさんのトライオートFX成績(2018.12.10時点)

トライオートFX 通貨ペア別実績

※「オリジナル設定」は、トラリピでの設定を元に自分で作ったオリジナル設定です。

 

逆にトルコリラ円などの新興国通貨は不安定ゆえ、最初はオススメしません。

 

新興国通貨はとんでもない動きをするため、
不安にかられますし含み損がとんでもない額になるかと・・・

 

おすすめは、

EURJPY と AUDJPY あたりが手堅い2通貨ペアですかね〜

 

自動売買パネルの数量を減らす

数量に関しては、先ほどの「自動売買セレクト」
は8口(8,000通貨)が初期セットでしたが、こちらは全て初期が5,000通貨になってます。

 

この5,000通貨を1,000通貨に変更して、同様に
必要資金を1/5に減らす調整を行います。

 

数量の減らし方は自動売買セレクトより複雑なので後述します。

 

ですので、通貨ペアを選ぶときの推奨証拠金を
考える際は表示額の1/5で考えてOKです!

 

たとえば、先ほど登場した、
「レンジ追尾_ユーロ円_Aパーツ」をみると、
推奨証拠金が758,000円なので、1/5で151,600円となります。

 

ちなみに「Aパーツって何やねん?」に関しては、以下の図がわかりやすいですかね。

 

自動売買パネル パーツ

 

特定の値幅に自動注文を仕掛けるのが自動売買パネルです。

 

が、動きうる全ての値幅に仕掛けると、
その値幅が広すぎて資金がたくさん必要になります。

 

なので、プラモデルのパーツのようにA~Dに
分解して用意され、その中から選択できるようになっているのです。。

 

参照:レンジ追尾をもっと使いやすく!資金効率を高めた【分割版】をリリースします

 

ですので、今のレートにあったパーツを選択することになります。

※もし大きく金額が動いていき、ちょっと違ったパーツを使った方が
良さそうだな〜という時には、他のパーツに乗り変えてください。

 

これら自動売買をいくつか組み合わせて、
推奨証拠金が合計35万円に収まるように複数選択していきます。

 

 

自動売買パネルの数量の減らし方

数量の減らし方は「自動売買セレクト」のように簡単ではないです。

 

先ほどの収益率1位の「レンジ追尾_ユーロ円_Aパーツ」を参考にカスタマイズしてみますね。

 

トライオートFX 自動売買パネル3

 

レンジ追尾_ユーロ円_Aパーツ」を選択し、「リストに追加」をクリックします。

 

すると画面下に、

 

自動売買パネル カスタマイズ2

 

こんな感じで、選んで設定の中身が数十本現れるはずです。

 

次に、この1本1本の中身の設定を変更していきます。

 

レンジ追尾買_ユーロ/円_Aパーツ01を触ってみましょう。

この右端にある、

 

このアイコンを押してみてください。

 

すると、このように中身の各設定を編集する画面に切り変わります。

 

 

この編集モードで現れる「数量(千)」の
項目の【5】となっている数量を【1】へ変更して、右側の✔︎マークを押してください。

 

これで5000通貨(5口)→1000通貨(1口)への変更となります。

 

これを全セット(Aぱパーツ_01〜80までありますw)行うと、推奨証拠金が1/5までぐぐっと減らせます

 

最初大変なのですが、コレをやるだけで必要資金を減らせれるので、少額スタートしたい方はぜひトライしてみてください!

 

最後に「リストを確定」という赤いボタンを押すと、稼働開始になります。

 

トライオートFX 自動売買パネル4

 

おそらく、推奨証拠金の少し余裕をもたせて選択していくと、
15万円/20万円 の2通貨ペア程度になるハズ。

 

もしロスカットが不安な場合は、推奨証拠金の2倍程度を用意しておいてください。

 

【公式:インヴァスト証券でトライオートFXを開設】

 

50万円から運用スタート時のトライオートFXのシミュレーション

これを2通貨ペアほどセットが完了すると、全体ではざっくり以下のようになっているはずです。

 

A)自動売買セレクト:15万円
B)自動売買パネル1:15万円
C)自動売買パネル2:20万円

 

50万円一発どーんより、リスク分散の観点
からも通貨ペアを3種ほどに分けての分散運用が良いですね。

僕なら、

 

A)AUD/NZD(コアレンジャー)
B)AUD/JPY(レンジ追尾)
C)EUR/JPY(レンジ追尾)

 

こんな感じで分散します。
B〜Cは収益率がよく、また不安定な通貨ではない通貨ペアたちです。

 

実際、ぼくもこの通貨ペアたちを使っています。

 

仮にこいつらが平均年利が35%出るならば、50万円は1年後に67.5万円に増えています。
この67.5万円を原資に年利35%で翌年運用すると91.1万円になります。

 

こんな感じで10年間複利運用を重ねると、なんとこの50万円は1005万円になります!!

すさまじいリターンw

 

実際はここまでうまくいかず、10年もあればきっとどこかで暴落暴騰リスクは発生すると思います!

ので、ずっと35%ということはないでしょうけど

 

それらを加味すると、実際は税金込みで年利10%強に落ち着くとは思いますが、まぁそれでも十分です。

 

また、実際の運用額は50万円にこだわらなくても大丈夫。

通貨ペアの分散と、資金計算がきちんとされていればOKです!

 

実際に僕は、80~110万円のあいだで資金コントロールしながら運用中。

月利で3%近く出ています!

 

もっと簡単にトライオートFXを始めてみたい方は?

今回は50万円を「リスク分散」の意味も
含めて、複数通貨ペアに分散する前提で話を進めています。

 

が、50万円もない。
本当にお試しで1通貨ペアからやってみたい。

 

こんな方は、以下の記事も参考にしてみてくださいませ。

15万円程度から始めれる設定を紹介しています。

 

参考:【トライオートFX始め方】初心者でも選ぶだけ!自動売買セレクトを解説

 

タボさんの実績は年利50%ペース

トライオートFX 利益推移

(グラフ変更:2018.12.10)

 

年利10%強でれば万々歳!

と買いておきながら、直近の実績ではこんな感じですw

 

月利4〜5%ですかね?いやーすさまじいっす!

 

毎週コンスタントに数千円だったのが、10,000円超え始めました。

安定してくると、週に10,000円は固く稼げそうですな〜

 

最新の設定内容、最大リスクを鑑みた資金設定などを公開しました。

以下もご参考くださいませ!

 

参考:【最新版】トライオートFXの設定・実績

 

トライオートFXまとめ

僕の資産運用のポートフォリオは、投資信託がメインで約40%占めてます。

で、ロボアド系も10%くらいと固めの運用商品が半数を占めています。

 

参考:ウェルスナビ&楽ラップ比較記事

 

が、そればかりだと楽しくないんですよねー

「運用している感」も少ないですしw

 

ってことで、トライオートFXでちょっとリスクをかじりながら、
とはいえしっかり検証も進めながら運用していきたいと思います!

 

ほんと10年後が楽しみですw

 

 

トライオート

 

トライオートFXのサイトマップ