どうも!
トライオートFX運用、1周年のタボさん()です。

 

さて、最近は円高傾向ということもあってか、リスク管理・資金管理に関するお問い合わせもちょこちょこ頂きます。

(書いている日は、2019/6/9です)

 

以前、以下のような記事も書きました

 

関連記事:【失敗したくない】トライオートFXのリスクと向き合ってみる

 

上記の記事では、色々と資金の説明をしていましたが「もっと簡単に計算できないか?」みたいなお話も頂いていたので、

今回は、僕が実際に使っている資金管理シートをご紹介したいな~と思います!

 

シンプルに、簡単に、けど精密に資金管理したいですよねw

 

【公式:インヴァスト証券でトライオートFXを開設】

トライオート

トライオートFXのようなリピート売買での資金管理の大切さ

と、その前に。
なぜ、そんな管理シートを作成するに至ったのか?に対して軽く触れておきます。

 

「失敗しない系」の記事って、世の中にたくさん出回っているんですよね。

しかし大体が、

 

①小さいレンジで損切り細かく
②大きなレンジで資金多めに
③らくトラ(※)使おう
(※)マネースクエアさんのトラリピの資金シミュレーションツール

 

というコメントが多いかなと思います。
特に②と③ですかね。

 

②だと、「このレンジまで広げるなら、この間隔(0.4円間隔とか)がいいですよ」なんかの内容ですね。

 

けど、ぼくは理系脳なので「なぜその間隔がいいのか?」を自分の頭で理解・管理できないと怖いのです。

 

実際にその注文を何口持ったら、いくらの資金が必要で、いくらの暴落(冒頭)まで耐えれるのか?

 

これらを「各ポジション単位」で全て把握・見える化できてこそ、リピート系の資金管理の精度は上がっていきます。

逆にコレさえできてしまえば、ポジション数・間隔・資金、全てコントロール可能なんです。

トライオートFXでの資金管理方法

と、小難しく書いてしまいましたが、実際は超シンプルに管理しています。

やり方としては、Googleスプレッドシートを用いて、以下のような管理表を通貨ペアごとに作成しています。

 

▼トライオートFX(豪ドル円)の資金管理シート(実物)

トライオートFX ポジション管理

実際に持つ(または持つ予定の)ポジションに対し、買い注文(ロング)ならD列に、売り注文(ショート)ならE列に注文数を入力します。

すると、その行の右側に保有したポジションに対する必要資金(①必要証拠金+②予測含み損額)が算出されます。(中に関数組んでます)

 

ちなみに、必要資金の計算は以下のようになります。

 

▼①必要証拠金

例えば豪ドル円が80円のポジション1つ(1000通貨 ※1ポジションあたり1000通貨です)なら、

80円 × 1000通貨 ÷ 25(レバレッジ)= 3200円

という計算になります。

 

▼②予測含み損

A(過去最安・高値)まで到達したときの含み損と、B(過去5年での最安・高値)まで到達したときの含み損の2パターンで
それぞれ買い時・売り時で計算させております。

 

例えば、豪ドル円80円のポジション1つを「買い注文」で持ったとすると、

A(過去最安値 ※買い注文なので最安値で見ます)まで到達した場合、豪ドル円の価格は55.05円ですので、

 

(80円 – 55.05円)×1000通貨 = 25500円

 

となります。

 

 

この①と②を足した数値が必要資金ですね。

この必要資金を最終的に足しあげた数値として、上の段に赤文字で合計値が算出されます。

トライオートFX ポジション管理

 

この合計値が、現在の保有ポジション数に対して必要な資金となります。

 

現在の僕の買い注文をみると、Aパターン時で約95万円。Bパターン時で約44万円ということになります。

ちなみに、買い・売りどちらかの大きい方の数値が実際に必要な資金となります。

トライオートFXの資金管理シートのサンプル公開

そう。
難しい事は考えずポジション1本1本関数組んで、俯瞰的に管理できちゃえば一番楽なのです。

かつ精度も高いのです。

 

そして、今回はこの数表サンプルを公開してみます。
もし、管理方法や資金が怖いって方は、参考にしてみてください。

 

すでに関数も組みあがっているので、もしご自身で管理シートを作成する際には参考になるかと。

トライオートFX資金管理シートサンプル

トライオートFXの資金管理シートの使い方

もし、サンプルを直接使いたいって方用に、軽く説明乗せておきます。

 

まず上記のURLへアクセスしてみてください。
(上記は閲覧専用ですので、編集できません)

 

アクセス後、エクセルとしてダウンロートしてください。
これで、お手元に管理シートが残るはずです。

トライオートFX 資金管理シートダウンロード

 

シートは「○円」「○ドル」用の2つあります。

トライオートFX 資金管理シート 種類

 

AUDJPYが「○円」用。NZDUSDが「○ドル」用です。

「○ドル」用は、現在のドル円価格を入力せねば使えませんので、以下の黄色いところに入れてみてください

トライオートFX 資金管理シート ドル円入力

 

※もし、Googleスプレッドシートで行うって方は、該当部分のセルに「=GoogleFinance(“currency:USDJPY”, “average”)」って入力してください。

最新のドル円終値が入るようになります。

 

管理したい通貨ペアの、「設定レンジ」と「安値高値」をそれぞれ、以下の箇所に入力してください。

 

▼レート入力

B列に、注文を設定している各レートを入力

トライオートFX 資金管理シート レート

 

▼最安値・高値入力

5行目に、許容範囲としたい最安値をMIN B(またはMIN A)、最高値をMAX B(またはMAX A)に入力して下さい。

ぼくは、A・B両方でみたいので2種類作っていますが一方しか使わなくても大丈夫です。

 

トライオートFX 資金管理シート 最安値高値

 

参考までに、ぼくが使用している最安値・高値表も載せておきます。

(上記のスプレッドシート内に入ってます)

 

最安値・高値表

最安値・高値表

 

【公式:インヴァスト証券でトライオートFXを開設】

トライオート

トライオートFXのサイトマップ