どうも!
FX自動売買にハマっているタボさんです。

 

先日、ビッグニュースが出ましたね!!

マネースクエアさんのトラリピの手数料がついに永久無料化!

 

公式:【FX】トラリピ®手数料 無料化のお知らせ

 

今まで、トラリピの手数料が高すぎてネックになっていたのですが、
これでいきなりとっつきやすくなりました。

 

ってことで、改めてぼくの資産運用の主力になりつつある、
「トライオートFX」との手数料系の比較をしたかったため、

 

  • 手数料
  • スプレッド
  • スワップ

 

の3点で比較検証を進めていきたいと思います。

 

【トラリピvsトライオートFX】手数料・スプレッド比較

はい、まずはこちらからみていきましょう。

主要のクロス円通貨ペア(●●/JPY)の「1往復あたり費用」でみていきます。
(2018/9/17時点)

 

1回の売買は1000〜9999通貨の数量で想定。

 

▼Before(トラリピ手数料あり) ※単位:pips

トラリピ トライオートFX手数料

これが手数料無料前。

 

▼After(トラリピ手数料なし) ※単位:pips

で、こちらが手数料無料後!

 

単位はpipsでクロス円ですので、1pips=1銭。

 

はい、ご覧の様にペアによってはトライオートFXの費用を下回る通貨ペアも出てきましたね〜

他の通貨ペアで調べていても、結構いい勝負。

 

基本はトラリピの方が1往復あたりの費用は安そうですね。

AUDJPYなんかは、1往復2.6ipsの差が出てます。

 

 

ちなみに。

 

よくコスト比較で出てくるループイフダンは、手数料・スプレッド含めてリピート系自動売買界隈では最強です。

ループイフダンから見ればトラリピとトライオートFXはどんぐりの背比べ状態ですねw

 

公式:アイネット証券でループイフダンを口座開設

 

もし手数料が気になるから、初心者にも圧倒的に使いやすいループイフダンをお勧めします。

【トラリピvsトライオートFX】スワップ比較

続いてこちら。

さっそくドン!

各社スワップ

(2018/12/10時点)

 

よく比較対象にも出てくる、ループイフダンもつけておきました。

 

トラリピ比較ですと、ぱっとみた感じはトライオートFXの方が
プラススワップが高く、マイナススワップが安いですかね。

 

USDJPYとAUDJPYは買いのプラススワップで結構な差が出ています。

 

もし、長期で保有するケースが出てきたらトライオートFXの方がお得です。

【トラリピvsトライオートFX】比較まとめ

最後に、手数料・スプレッドから算出する1往復あたりの費用
スワップの比較を「どっちがお得?」視点で通貨別にみていきます。

 

【トラリピvsトライオートFX スワップ比較

 

こんな感じです。

 

手数料周りはトラリピ優勢スワップ周りはトライオートFXが優勢ってイメージですかね。

 

となると、小刻みに売買する設定はトラリピ。
トラリピより保有期間が長くなりそうな設定はトライオートFX。こんな振り分けでしょうか。

 

しかしトラリピは決裁トレールを搭載しているので、保有期間はトラリピの方がトライオートFXより長くなりやすいんですよねw

 

これは再び検証をせねばなりませんなw

 

(追記)2018.11.15

って事で再開しました!

 

参考:【2018/9/24週】トラリピ再開→設定も公開中!/レバレッジ資産運用の収益結果(+7,964円)

 

【公式:マネースクエアでトラリピを口座開設】 

マネースクエア