ども!
ロボアドは継続的に運用しているタボさんです。

 

今回は、ロボアドの中でも有名なWealthNavi(ウェルスナビ)の手数料に関してです。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)特有の「長期割」でどれくらいお得なのかを計算してみました。

 

・WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料の仕組みが知りたい
・他サービスと比較してどうなのかを把握したい
・長期割の効果を知りたい

 

という方は、ぜひご覧ください!

 

【公式:ウェルスナビで無料診断】

WealthNavi

WealthNavi(ウェルスナビ)って何?

最近いろんなところで見かけますよね、WealthNavi(ウェルスナビ)。
そもそもWealthNavi(ウェルスナビ)って何なのでしょ?

 

長い文章で説明を行うより、WealthNavi(ウェルスナビ)さんのCMが一番わかりやすいので、

まずは以下の30秒CMを見てみてください。

 

特徴は、

 

・質問に答えるとプランが自動で提案される
・ETFを通じて、世界中の銘柄に分散投資
・運用自体はロボが完全自動で運用

 

この辺りがWealthNavi(ウェルスナビ)の特徴ですね。

 

基本は完全放置型なので、忙しいサラリーマンには助かるのです。

WealthNavi(ウェルスナビ)のコストや手数料は?

よく比較されるTHEOと楽ラップの2つと、コスト面を見比べてみましょう。

wealthnavi(ウェルスナビ) THEO 楽ラップ 長期割

コストの仕組みですが、WealthNavi(ウェルスナビ)自体は手数料年率1%+信託報酬0.14%(最大)=1.14%(税抜)となります。

対して、THEOが手数料1.00%(税抜)※信託報酬は未開時

楽ラップは手数料が0.702%と低いですが、信託報酬が高くって結果0.99%(税込)

 

こんなスペックです。

 

※先日、THEOも「THEO COLOR PALETTE」という割引サービスを発表しました

出典:https://theo.blue/lp/campaign/color-palette/

 

 

ちなみに「信託報酬」とは、投資信託を運用してる会社に支払う手数料のコトですね。

ウェルスナビでは信託報酬は年率0.11%〜0.14%かかります。

 

コストだけ見るとWealthNavi(ウェルスナビ)が一番高いですね。

 

が、上記表にもある通りWealthNavi(ウェルスナビ)には「長期割」というものが存在するのです。

WealthNavi(ウェルスナビ)の長期割って?

この図をみてください。

wealthnavi(ウェルスナビ) 長期割

 

50万円以上預けていると、半年に1回0.01%(200万円以上ならその倍)づつ手数料が下がる仕組みです。

 

先ほどの ①手数料1.00%+②信託報酬0.14% のうち①から引かれていきます。
最終的には、

 

①手数料0.90%+②信託報酬0.14%=合計1.04%

 

まで下がることになります。

 

長期割がかかった状態で、THEOとのコスト比較をしてみました。

ウェルスナビ 手数料

前提
・30万円から運用開始
・毎月2万円づつ積立
・最終500万円運用している

 

色つけしているところが長期割発動ゾーンですね。

差分は【THEO - ウェルスナビ】です。

 

最後の500万円運用時の手数料は、1ヶ月あたり−125円

THEOの方がおトクということになります。

WealthNavi(ウェルスナビ)の節税機能(DeTAX)を掛け合わせ

実は長期割だけだったら、まだ一番WealthNavi(ウェルスナビ)が高い状態なんです。。。

 

微妙だな〜と感じるかもしれませんがWealthNavi(ウェルスナビ)のすごいトコは長期割ではなく、このDeTAX機能にあります。

 

ちょっとわかりづらい機能ではあるのですが、簡単にいうとDeTAX(デタックス)とは、

 

税金の負担を先送りにし、軽減してくれる機能

 

という説明になります。

 

具体的には、日々の配当金(分配金)やリバランス時の売買益などで「利益」が生じますよね。

この「利益」は、そのままにしておくと当然税金がかかる対象になります。

 

この「利益」が一定額(20,000円)を超えた時に発動してくれるのがDeTAX機能なんです。

 

具体的な動きをみてみましょう。

 

0)利益が20,000円超えた!

1)含み損を抱えている銘柄を一度売却し損失確定

2)その「損失」を先ほどの「利益」と相殺

3)売却した銘柄は、含み損確定0.1秒後に
 「同じ銘柄を、同じ数量、同じ価格」で買い戻し

 

 

これを自動で行うことで、ポートフォリオの構成は変えず、利益相殺することで税負担を軽減してくれるのです。

 

この機能があることで、年率換算で0.4〜0.6%の軽減になります。

 

「DeTAX」(デタックス)の機能により年間0.4~0.6%程度の負担減となるため、事実上のコストはそれよりも少ないものになるでしょう。

引用:「WealthNavi for SBI証券」のウェルスナビ株式会社 柴山CEOへインタビュー

実質コストが最安となる所以ですね。

 

では、この0.4〜0.6%(間をとって0.5%)を手数料からさっ引いたバージョンで先ほどの数表で比較してみましょう。

ウェルスナビ 手数料 2

前提
・30万円から運用開始
・毎月2万円づつ積立
・最終500万円運用している

 

こんな感じになりました。

差分は、先ほどと同様【THEO - ウェルスナビ】で計算しています。

 

500万円のところをみてみましょう。

毎月約2,000円の差分が出ていますよね!THEOの方が2,000円高いという結果になります。

 

年間に直すと24,000円。まぁまぁな金額になります。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)は、【長期割×DeTAX機能】を掛け合わせることで、実質的なコストをo.5%程度に抑えることができるのです。

 

これがWealthNavi(ウェルスナビ)の素晴らしいメリット。

WealthNavi(ウェルスナビ)のコストまとめ

wealthnavi(ウェルスナビ) TOP

結果的な手数料としては、WealthNavi(ウェルスナビ)が最も安くなりました。

0.5%程度であれば、他の類似サービスの約半額になりますね。

 

どこのサービスがいいかな〜と迷われた時は、コストが低いところを選択するのが鉄則。

 

無料診断から、すぐにスタートできますので、ぜひやってみてくださいませー

 

【公式:ウェルスナビで無料診断】

WealthNavi

 

ウェルスナビ関連のサイトマップ